FC2ブログ
アメリカ大陸を駆ける
バイク免許取立て、若葉マーク初心者ライダーがサンフランシスコからアルゼンチンまでアメリカ大陸を走破。次はユーラシア大陸を横断して日本まで。お家に帰ろう!
訪問者数



Where am I now?



プロフィール

takawildcats

Author:takawildcats
10年の会社員生活にピリオドを打ち、Suzuki DRZ400Sを相棒にアメリカ大陸を駆け周ります。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



最新トラックバック



カテゴリ



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
2604位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
813位
アクセスランキングを見る>>



フリーエリア



写真販売

写真素材のピクスタ

旅先で撮影した写真を販売しています。よかったらクリエイター名Takawildcatsで検索してみてください。



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンコールワットへ、シェムリアップ To Ankor Wat, Siem Riap
 バンコクから一日掛けて、カンボジアのシェムリアップまで来ました。
I arrived in Siem Reap, Cambodia. It took a day from Bangkok to Siem Riap.

 実は17年程前にタイのポイペトからシェムリアップまでピックアップトラックに乗って旅した事があって、当時は世界一の悪路、ジャンピング道路なんて呼ばれるくらいひどかったんです。僕が旅した時は、途中に半分壊れかけの橋があって、車で渡るには危険すぎるので、乗客全員トラックを降りて、対岸で待つトラックに乗り換えて先に進むなんてこともありました。でも今ではすっかり綺麗に舗装されて当時の面影は全くありませんでしたね。
I was here 17 years ago and took a pick up truck from Poipet, Thailand to Siem Reap. At that time, the road between Poipet and Siem Reap was referred to the worst road in the world and called jumping road. I remember at one point, there was a bridge which was almost broken. It was too dangerous to cross the bridge by pick up truck with passengers. So, we got off the truck and crossed the bridge on foot and changed to another truck which had waited at the other side. But now it is a nicely paved road.

 シェムリアップの目的は、もちろんアンコールワットの観光なんですが、特に日の出が美しいというので、早起きして行って来ました。
My purpose of visiting Siem Reap is to see Ankor Wat, especially at sunrise. So, I woke up very early and went there.
IMG_7198.jpg

IMG_7164.jpg

IMG_7162.jpg

 池に反射するアンコールワット、なかなか良いですよね。ただ日の出はとっても人気があるので、日の出ギリギリの時間に行った初日は、観光客が多すぎて良い場所が確保できませんでした。翌日は日の出1時間程前に到着して場所取りしました。日の出を良い場所で写真撮りたい方は、相当な早起きが必要かもしれませんね。
 I find the Ankor wat with reflection on the water beautiful and worth visiting. However, sunrise at Ankor Wat is very popular for tourists and crowded. When I came just before sunrise on the first day, I could not find a good spot to take photos. The front lines were already occupied. I visited again on the second day. I was there one hour before sunrise and secured the spot. So, I recommend to be there earlier if you want to take good photos.
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

いろんな出会い、バンコク various meetings in Bangkok
 バンコクに来てから、とっても懐かしい出会いから新しい出会いまで、実にいろいろな出会いに恵まて充実した日々を過ごしておりました。
 I have been enjoying myself since I came to Bangkok. because I was given a lot of chance to meet from the old friend to newly acquired friend.

 懐かしい出会いと言えば、バンコク在住のウィリー君との再会。17年前にアメリカの語学学校で一緒に学んだクラスメイトでした。卒業以来初めて会ったので、17年振りでしょうかね。時の経つのは早いものですね。
The old friend is Willy from Bangkok. We studied in the same language school in USA 17 yeas ago. This is the first time to meet each other since we left the school. I can't believe 17 years has passed. Time really flies.
10256282_10204973059636019_1657433915797870075_n 2

 そして、イランのマシュハドで8月に一緒にホームステイしていたフィル。まさかこんなに早く再会するとは思ってもみませんでした。バンコクに住んで8年になる事情通で、ひと味違うバンコクを案内してくれました。
And, I met Phil, who stayed at the same host in Mashhad, Iran. I did not expect to meet him so soon. He lives in Bangkok for 8 yeas and is very familiar with it. He showend me non ordinary Bangkok. Thanks a lot!
IMG_6679.jpg

 そして、そして、イタリアでホームステイさせてもらったマルコ。ちょうどタイに旅行に来ているというので、バンコクで再会しました。一緒にアユタヤへ日帰旅行にいってきました。
And then, Marco from Italy. He was my host in Monselice Italy. I knew he was traveling Thailand and contacted to meet in Bangkok. We did one day excursion to Ayutthaya.
10712685_10205055056565891_4386347915715043133_o.jpg

 そして、そして、そして、ナンシーさん。ひょんな事から彼女のレストランで一緒に飲む事になって、アユタヤに一緒に行ったマルコと三人でお酒を飲みました。翌日地元に帰るという彼女にご招待され、マルコと一緒にバンコク近郊の村へとお邪魔して来ました。親戚一同が集う夕食会にも参加させて頂いて、とっても貴重な経験をさせてもらいました。
And then, Nanzy, Nanzy, Marco and I happened to have a drink together at the bar. Interestingly, she had to go back to her home town near Bangkok on the next day and invited us to come with her. her It was a precious experience to join the family dinner with her and we really had a good time.
10649726_10205062059900970_1604444938621560087_n.jpg

 みなさん、お世話になりました、有り難うございます。間違いなくまたどかで会うでしょうね。それが旅の楽しみでもあるんですけど。
Thank you for giving me a great time. I am sure we will meet again someday. It is the most exciting to see you again and have fun together.
バンコク到着! Arriving in Bangkok
 9月16日にウズベキスタンのタシュケントからタイのバンコクに飛びました。もちろんバイクもです。バイクの受取は、まる一日半ぐらい掛かかりましたが、無事完了。これからユーラシア大陸の果て、シンガポールを目指す東南アジアの旅がはじまります。
I flew to Bangkok Thailand from Tashkent Uzbekistan on 16th September. Of course, I took my motorcycle with me to Bangkok. It takes one and half day to pick up my motorcycle at the custom in the Bangkok Airport. But I made it and now the time to start exploring Southeast Asia.

 まず手始めにバンコクとその近郊の観光スポットに行って写真撮って来ました。
As a beginning, I visited tourist sites in Bangkok and its suburb to take photos.

 バンコクワットアルン
Wat Arun in Bangkok
IMG_6637.jpg

 バンコクチャオプラヤー川
Chao Phraya River in Bangkok
IMG_6671.jpg

 水上マーケット
Damnoen Saduak Floating Market
10362864_10204979615559913_5052347798865078682_n.jpg

 カンチャナブリ クワイ川鉄橋
Iron Bridge over River Kwai
IMG_6783.jpg

 アユタヤ ワットプラシーサンペット
Wat phra si ayutthaya
IMG_6916-2.jpg
 
 どこも魅力的だったんですが、暁の寺といわれるワットアルンが一番印象的でしたね。暁の頃をみたくて、わざわざ日の出前に出かけていったんです。旅行者がいなくて、落ち着いた雰囲気がよかったですよ。
All the sites are attractive. But to me Wat Arun is the best. Because What Arun is called as the temple of dawn, I woke up really early to visit it at dawn. I did not see any tourist there and enjoy very peaceful moment. I recommend to be there at dawn.
最高の誕生日プレゼント、タシュケント Best Birthday Gift ever 2
 40歳最初の日。珍しく朝早く目が覚めた。というより、ホテルが見つからず、喫茶店でテーブルにもたれ掛かって休息していただけなので、一晩眠れずにいたというほうが、正しいのかもしれない。ともかく、今日はホテル見つけなきゃいけない。
 The first day of my 40 yeas old, I woke up very early. Or correctly I can not sleep at the coffee shop at all, because I was just leaning to table all night. Anyway, what I have to do today is to find a place to stay.

 軽食をとって、6時過ぎに喫茶店をでる。しかしあてがあるわけでもなく、ホテルを探しに繁華街を目指そうか、位しか思いつかなかった。
After taking a breakfast, I left the coffee shop. I did not have any clear idea of where I should go to find a hotel, only thought head to the center of Tashkent.

 バイクのエンジンをかけ、いざ出発という瞬間に、目の前を一台の小型バイクが走り抜けた。その時、わずか一瞬だけど、小型バイクがこっちをみて目が合ったような感覚した。すると走り抜けたはずのバイクがUターンをして、こっちに戻って来るのがみえる。どうやら目が合ったという感覚は間違いではなかったようだ。
When I start the engine of my motorcycle and am about to leave the coffee shop, a small motorcycle passes in front of me. When the motorcycle passing by me, I felt my eyes met his. I saw the motorcycle making U turn and coming back to me. So, surely my eyes met his.

 やがて、小型バイクは僕の前にとまり、わざわざ僕に話しかけて来てくれた。でっかいバックパックをバイクに積んで、いかにも旅人とわかる僕のいでたちは、時にバイク好きの興味をそそることがある。きっと彼もそんなバイク好きな一人なんだろう。
A rider of the motorcycle stops in front of me and starts talking to me. He is interested in my motorcycle because my motorcycle is a kind of big bike and loaded with a lot of luggages. It is so obvious from how I look that I am traveling long. I expect he also loves riding motorcycle.

 彼の名前はリーファンさん。年は僕と同じくらいで、予想通りのバイク好き。この国では比較的大型になる僕のバイクをみて興味をもってわざわざ話しかけにきてくれたのだ。残念ながら二人の会話は弾まない。というのも彼は英語が達者ではなく、僕もウズベキスタン語やロシア語が話せるわけではないので、自ずとコミュニケーションに限界があった。それでも身振り手振り、全身全霊を捧げてコミュニケーションを図った結果、リーファンさんの言いたい事がなんとなく理解できてきた。リーファンさんは、よかったら一緒にお茶でもどうですか、ただしこれから所用があって、今すぐはいけないので、30分程ここで待っていてくれませんか、と僕を誘ってくれているようだった。
His name is Lifan. He looks as old as I am. And as I had expected, he loves motorcycle and rider too. He is curious in my big motorcycle and, so, decided to chat with me. However, Lifan does not not speak English and I do not speak Uzbek or Russian. So our conversations are somehow limited. However, we are still able to understand each other. What I understood is that he invite me to have a tea together. But he has to do his job first and come back here again in 30 minutes. So, He asks me to wait here to meet again.
 
 この旅を通して、いろんな人に出会えたのだけれど、バイク乗りで悪い人に一度もあったことがなかった。それどころか、滅茶苦茶いい人ばっかりで、まるで昔からの友人みたいに接してくれる信頼できる人ばっかりだった。リーファンさんもバイク乗り、悪い人ではないと信じて、もちろんお誘いを受ける事にした。それに、この日はホテルを探す以外何も予定がないのだから、時間的にも焦る事はない。
I have a lot of chance to meet motorcycle riders. None of them are a bad person. They are always nicest persons in this world and treat me as an old friend, even though we just met few seconds before. So, I do not hesitate to have a tea with Lifan and told him that I wait for you here. And, I do not have any plan except finding a hotel. So, I have enough time today.

 30分後、約束通り喫茶店に仕事を終えたリーファンさんが戻って来た。リーファンさんを信じてはいたものの、約束通り現れたことに安堵感を覚える。お茶のお誘いは冗談ではなかったのだ。リーファンさんは、家がこの近くだから家で一緒にお茶をしようという。もちろん一緒について行く、信頼しているんだからね。
30 minutes later, Lifan comes back as he promised. Even though I have trusted him already, the fact that he keeps his promise gives me more confident in him. He was not just joking for having a tea with me. Lifan tells me that his house is located near here and suggests having a tea there. Now I feel more confident, so why not?

 家に着くと、リーファンさんのお母さんがお茶を用意して出迎えてくれた。リーファンさんはお母さんと弟さんと3人でこの家に住んでいるそうだ。
Upon arrival at his house, his mom welcomes me and prepares a tea. Lifan lives with his mon and brother in this house.

 以前セルビアの高校で講演をさせてもらった時に作ったプレゼン資料を駆使しながら、僕がどんな旅をしているのかを説明する。僕が長く旅をしていることは理解してもらえたようだった。一通り説明を終え、お茶を頂きながらゆっくりしていると、リーファンさんが今日の予定を聞いて来た。僕は正直にこれからホテルを探しにいくんだ、と伝えると、なんとリーファンさんが、なんなら家に泊まれば、信じられないくらい有り難いオファーをしてくれた。しかも今朝知り合ったばかりの旅人に対して!
I picked up the presentation material I made in Serbia for the talk in high school and explained how I had been traveling. Hardly understanding everything, but they did I have been traveling long. Lifan asked me what would be my plan today. I told him honestly that I need to find a hotel after this. Then, he asks me to stay at his house. I could not believe what he offered, because we just met few hours ago and did not know each other well. This is too good to be true!

 前にも書いたように、この国では外国人はホテルに宿泊して宿泊登録証を定期的に手に入れることが義務づけられている。ホテルではないリーファンさんが登録証を発行できるはずもなく、そして僕も登録証を手に入れることができない。もし万が一何か問題となった時、リーファンさんに迷惑が掛かるかもしれないと考えると、この申し出は、あり得ないくらい有り難いのだけど、お断りするのが正しいんだろう。理性的な判断から正反対なのだけど、僕はこの申し出を受ける事にした。それは、正直にいうと前日同様にホテルに行く度に満室と断られるのがちょっとトラウマになっていたからというのが一つ。そして何よりこんな親切な人々に出会えた縁を無駄にしてしまうのは、長旅をするにおいて絶対にやってはいけないことのように思えたから。だから何か起きたら、リーファンさんの名前は出さず、一人で解決しよう、と覚悟して、お世話になる事にした。
I probably explained the system in Uzbekistan before. In this country, all the foreign travelers are required to register at the hostel regularly. Lifan's house is not a hotel and he can not issue a registration, which means I also can not get the registration. If something happens, it may cause a trouble for Lifan because he hosts a foreigner at his house. So, it is reasonable that I should not stay at his house for myself and also for him. However, I decided to take his offer. Honestly, I became really tired to hear full from the hostels every time I visited a new one. It becomes my traumatic experiences. In addition, I did not want to lose this precious moment. The chance to meet nice people should be really appreciated, not wasted. So, if in case something happens, I make up my minds that I solve it alone, not mentioning his name.

 シャワーを浴び、一眠りして目を覚ますと、既に夕方が近かった。いろいろとリーファンさんと会話をしているなかで、僕の年齢を聞かれた。僕は、今日から40歳なんだよ、今日が誕生日なんだ、と答える。するとリーファンさんは、おお、それじゃあ誕生日ケーキかってお祝いしなきゃね、という。いやいや、僕はそんなつもりで言ったわけじゃないし、居候させてもらえるだけでありがたいのに、リーファンさんお金を使わせてしまって悪いのでお断りをした。
It becomes close to the evening after a shower and nap. Lifan asked me how old I was. I said I just turned 40 years old today. This is my birthday. Lifan was bit surprised and told me we should cerebrate my birthday with cake. I asked him not to buy a cake, because I did not mean it when I said this was my birthday. Because I have been given a lot already, I do not want him to spend money for me.
 
 その日の夕食、ウズベキスタンの伝統料理をご馳走して頂く。独特の香辛料でニンニクを煮込んで作るピラフ、絶品。他にもサラダやら焼肉とか、豪華なディナーでした。そして最期になんとデザートで誕生日ケーキが用意されていました。デッカいホールケーキです。今まで人生で頂いたなかで一番デカくて、美味しかったです。更には、花束まで。人生で花束もらうって、何回あるんだろう。本当に一見の旅人に対する優しさ、心にしみ入ります。まじで泣けました。人生で最高の誕生日です。
At the dinner, Lifan and his brother prepared traditional Uzbekistan dishes. Especially, spicy rice with garlic are awesome. They prepared salad, BBQ and more. It was gorgeous for me. At the end of dinner, they served birthday cake, which was the biggest and delicious I had seen in my life. Furthermore, Lifan's mom gave me a bouquet of flowers. There hospitality really touches my heart. I repeat again we just met this morning but they treat me like old friend. This is the best birthday ever.

 この日から一週間程、リーファンさんの家とホテルを往復する生活が続きました。その間、リーファンさんには信じられないくらいにお世話になりました。
I go back and forth between a hotel and Lifan's house for a week. What he did to me is amazing.

 まずはバイクの修理。路面の悪いウズベキスタンで、後輪のスポークがホイールから抜けいました。ホイールを外して溶接が必要なのですが、リーファンさん知合いに頼んで溶接をしてくれました。そして、バイク輸送の手配です。
Firstly, he fixed my motorcycle. The road condition in Uzbekistan are not so good. There are a lot of holes on the road. One spoke get out of a rear rim. And it needs welding. He asks his friend to weld it and fixes it. Secondly, he helps me to arrange motorcycle shipment by air.

 今後走行ルートを考えたとき、中国にバイクを持込み旅行するのは、法外な費用と手間がかかるので現実的ではありませんでした。では陸路ならカザフスタンを抜けてシベリア経由日本になるんだけど、短い夏は既に終わり、これからシベリアを抜けるのは無理。であるなら、空路しか道はありません。
My itinerary has not been fixed yet. However, I can not bring in my motorcycle to China, which requires a lot of paper works and money, In case of overland trip, I have to go to Siberia through Kazakhstan. However, Summer is over and, which means, it is too late to cross Siberia from now. Only option is to use air shipment to go east.

 当初インドへと飛ぶ事を考えていたのですが、ウズベキスタンでは書類不備によりインドビザが取得できず。それならば、ビザが不要なタイのバンコクへ飛び、シンガポールまで走ることに決めました。シンガポールから先は、これ以上進むべき道はありません。であればユーラシア大陸を走破したといってもいいのではないでしょうか。ということは、僕のユーラシア横断という旅の目的も達成されたことになります。それはつまり、そこがゴールになることを意味します。バンコクへ飛ぶとともに、ユーラシア大陸の果ての地、シンガポールを僕のバイク旅の終着点に決めました。
Originally, I intended to visit India by air. However, I was not able to get Indian visa in Tashkent due to incomplete documents. Then I decided to fly to Thailand instead, where visa is not required. From Bangkok, I plan to reach Singapore. I assume there is no road after Singapore, which means Singapore is the end of Eurasia continent, My purpose of this journey is to cross Eurasia. Reaching Singapore complets this purpose. So, Singapore is my goal and set as the last destination.

 実はウズベキスタンに入ってからどの国から輸送するのが一番安いのか調べていました。カザフスタン、キルギスタン、タジキスタン、そしてウズベキスタンの各首都から。輸送代理店に見積もりを依頼するもどこも判を押したように3000ドル程度。これはあまりに高額。そしてこのことをリーファンさんに相談すると、僕と一緒にタシュケントの貨物ターミナルに行って輸送代理店と交渉してくれる事になりました。
I have been searching where is the best to ship out my motorcycle, from the capital of Kazakhstan, Kirgistan, Tajikistan and Uzbekistan. The quotations I received are a similar price. All are around $3000 dollars. Lifan comes with me to the cargo terminal and help me negotiate with shipping agents.

 一緒に貨物ターミナルへと行って交渉するも、やはりどこも似たような値段。やっぱりダメなのか、と思っていると、ひとつ新たな事がわかりました。実は自分で航空会社に貨物輸送の依頼ができるんです。代理店を通す必要がなかったんです。ウズベキスタンの言葉がわかるリーファンさんが一緒に来てくれたお陰で、新たな展開が見えてきました。
Even though we negotiate with the shipping agents, the price was still similar. I almost gave up but found one information that we were able to talk directly to air cargo without using shipping agents. I understood this because Lifan knows Uzbekistan language. It is his effort that opens a door for a new chance.

 ウズベキスタン航空の貨物担当のところに直接交渉に行くと、やっぱり自分で輸送契約ができるとのこと。リーファンさんを交えて交渉を進めた結果、なんと驚きの価格を入手、なんと750㌦まで価格が下がりました。代理店の価格から2200㌦以上の値引きを獲得できたんです!これならなんとか支払える範囲です。
We visit the Uzbekistan Air cargo and confirmed that we can arrange air shipping to Bangkok by ourselves without using the agents. With Lifan's help, I got $750 dollars for shipping after serious negotiations. I am successfully able to reduce the cost and save more than $2200 dollars. Now it becomes affordable to me.

 この後も輸出処理のために文書作成や各部門の承認の入手、輸送梱包、費用の支払いなど、すべての手続きにをリーファンさんが丸一日使って手伝ってくれました。言葉の壁が大きすぎて、とても自分一人では持ち回りで処理などできなかったのですが、リーファンさんのお陰で無事輸送手続きの完了に漕ぎ着ける事ができました。9月16日にバンコクへとバイクと僕が飛ぶ事が確定しました。
Even after price negotiation, he spends one day for me to do all the paper woks for shipping, packing, payment and so on. Everything is completed in one day. It would not be possible if I i did not have Lifan's help. Now my schedule is fixed. I will fly to Bangkok on 16th September.

 これだけお世話になっていて、僕からの恩返しができていないのが心残になっていました。普段はカレーライス、カツ丼、寿司なんかをお礼に作ったりするんですが、ここでは食材が手に入らないので、できそうにありません。かといって、何もせずにお別れすることはできません。何か出来る事を、と考えて、僕が決めたのは、記念写真を撮る事。お世話になったお母さんの写真を撮ってみせてると、良い写真だととっても喜んでくれるんです。でも、ちょっと納得がいっていないようで、翌日美容院に行って髪をセットしてくる、っていうんですよ。もちろん翌日も撮影大会に。素人の僕ですが、心を込めて撮りましたよ。そしてその中からよく撮れたものを選んで、額縁にいれてプレゼントしました。お母さんの笑顔からがとっても喜んでくれているのが感じられました。
I have been gifted so many and feel so bad if I can not return any. I often make Japanese foods such as curry rice, deep fried pork bowl or sushi. However, I am not able to get ingredients necessary for Japanese foods in Tashkent. So, this can not be my choice. What I can do is to take photos. I took photos of Lifan and his family. Especially, Lifan's mom loves and enjoys my photo, but she was not satisfied. She says he will go to hair dressing the next day and ask me to take photos again. I took her photo on the next day. I printed out some of nice photos and put into a frame. As far as I see her face, she looks loving it.


 誕生日の朝に、偶然に僕の目の前を横切ったバイクがその後の僕の一週間を変えてくれました。それまでのウズベキスタンの印象は正直いうと、全然良くなかったんです。出会った人、ホテルの対応、どれもフレンドリーとは言い難くて、こんな国さっさと出て行きたいと思っていました。でもリーファンさんの家族が、行きずりの旅人にこんなにって思える位親切にしてくれて、こんどはまるで逆でこの家族とお別れするが辛いと思うようになったんです。人の優しさって心に染み入りますね。こんな素敵な家族に出会えるなんて、実に僕は幸運な奴だと思うんです。そしてこんな出会いが旅を続ける原動力になるんです。タシュケントでのこの出会いは、今までの人生で間違いなく最高の誕生日プレゼントになりました。
At the morning of my birthday, I just came across one motorcycle, and this motorcycle totally changes my life in Tashkent. My impression of Uzbekistan is not good due to the people I met. And I was thinikg that I should not stay here long and leave as soon as possible. But Lifan and his family were so kind to me and changed my impression about Uzbekistan. Now I feel sad to leave this family. I must say that I am so lucky to meet such nice Lifan's family and this is the source of the motivation for my journey. Meeting Lifan's family is surely the best birthday gift ever!

リーファンさん、本当にありがとう、また必ず会いましょう!
Thank you, Lifan. Let's meet again!
最高の誕生日プレゼント、タシュケント Best Birthday Gift ever
9月8日は、僕の40回目の誕生日だったんですが、何とも素敵なプレゼントを頂きました。
8th of September is my 40's birthday. I was given a great gift for my birthday.
 
 事の始まりは、その前日から。
The story starts from the previous day.

 この日はサマルカンドからタシュケントまで走って、カウチサーフィンを通じて知り合ったお宅にホームステイをする予定でした。念のためサマルカンドを出発する前に、ホストに電話をかけてホームステイの確認もしました。もちろん回答は、OKです。
On 7th September, my plan was to ride from Samarkand to Tashkent and I was supposed to stay at my host, whom I knew through Couchsurfing. I just wanted to make everything sure and, so, called my host to confirm whether he can host or not. He said“Yes.”

 タシュケントの待合せ場所からホストに連絡をすると、30分で迎えにいくとの回答だったので、30分待ちます。が、1時間経っても経っても現れず。流石におかしいので、再度電話。
After arriving in Tashkent, I called my host again and told I came. He told me he would show up in 30 minutes. However, he did not show up even 1 hour later. It must be something wrong. I called him again.

 すると、ホストが言うにはちょっと用事ができたので、待合せ時間を変更して欲しいというのです。しかも2時間後。普通30分後に来ると良いながら、来れないなら向こうから連絡するよなあ、ちょっとおかしくない?と不信感の方が勝り、僕の方から、もし事情が変わってホームステイができなくなったのなら、そういって欲しい、そう伝えました。
Then, my host asked me to reschedule a meeting time, 2 hours later again, because he was busy and could not pick me up now. I thought If he could not come in 30 minutes, which he promised me before, he should give me some notices and should not wait for my call. But he did not. So, I started distrusting him. And I asked him like this.“If you can not host me tonight for some reasons it is totally understandable and ok for me, so please tell me the truth if you can not.”

 それでもホストは、いや、2時間後大丈夫だから、待合せ時間を変更してくれないか、と再度いうわけです。そこまで言うなら大丈夫かと思って、2時間後に再度待合せをする事しました。
But my host said again. “Everything is ok after 2 hours. So let's change a schedule.” I decided to believe him one more time.

 そして2時間後。ホストが終に現れました。そして軽く挨拶をした後、ちょっと散歩しないかと誘われました。
2 house later, my host finally showed up. After a greeting, he invited me to walk together.

 歩き出してまもなく、ホストがビックリするような事を切り出して来たのです!
Then he surprised me again by saying like this!

 「実は、僕は家族4人と一緒に住んでいて、家がとっても狭いんで今日君をホームステイさせられないんだ。だから申し訳ないけど、近くのホテルを紹介するけどどうかな?」
“Honestly, I live with my family and my house is too small to host you. So I can not host you tonight but can help you find a hostel near here.”

 僕、唖然。だって、何度も確認したじゃん!今更何をいうわけ。理由もおかしいよね、この数時間で突然家族と住んで家が狭くなったわけじゃなくて、ずっとそうだったってことでしょ。最初からホームステイなんてできなかったのに、なぜ待合せ時間まで変更して、人を待たせるわけ???もう理解不能。
That made me speechless. I confirmed him many many times about hosting tonight and he kept saying ok. But at this moment, he started saying he could not. And what he told me did not make sense to me at all. His house does get suddenly small if he lives with his family. It has been so small to host somebody from the beginning. And of course, he must know it. I was unable to understand him at all.

 その事をホストに話すと、ホストの驚きの回答。「ゴメンナサイ、ホームステイできないって伝えてなかった、なんて罪深き人間なんだ、ホントゴメンなさい。」
I told him what I thought and he replied “Oh, I am sorry. It is my fault that I have not told you that I can not host you. I am a gutly person. I am so sorry.”

 え、嘘でしょ。伝えてなかったんじゃなくて、出来るっていってたじゃない。何度も確認したのに。j待合せ時間も変更させといて、それはないんじゃないの?
Oh, Jeez. It is a lie. It is not that you have not told me, but you told me you could from this morning. I blamed him for changing our schedule and still wasting my time.
 
 僕は一応バックアップで近くのホステルを調べておいたので、彼のホテルを紹介するというのはお断りすることにしました。彼の言ってる事は信用できないんでね。
I decided to go to the hostel which I had checked as an option by myself, because I can not trust his offer of helping me find a hostel.

 すると彼が別れ際に最期のお願いをしてきたんです。「どうか、カウチサーフィンの評価で悪い事かかないでね。」
Before we leave, he asked me not to write a negative references on Couchsuring, which surprised me again.

 おいおい、今になって何を気にしてるんだよ。自分が反対の立場だったら、良い評価をすると思うか?と聞くと、「ホームステイできないって伝えてなかったのは僕のミスだ、罪深き人間でゴメンナサイ。だからカウチサーフィンに悪い評価書かないで、ビジネスに影響するから。」
I replied him that it was so obvious that what I am going to write, if you think what you had done to me. Do you think I will write a positve?” Then, he kept saying, “It was my mistake that I have not told you that I can not host you. I am sorry that I am guilty person. But, please do not write an negative one, because it impacts my business.”

 なになに、ビジネスに影響するってなんだよ。貴方もしかして、こうやってカウチサーフィンでホームステイを受ける振りをして、ホテルを紹介するって客引きやってんじゃないの?問いつめると、あっさり白状。そして、僕の両親は働いていないし、妹の面倒もみなくちゃいけない、だから僕にはこれが必要なんだといいう。申し訳ないけど、貴方の言う事は何も信用できないよ。何が本当なんだかわからないから、そういってお別れをしました。
What! He said his business!! Then I realized he did business to attract travelers looking for couch on the web and offer home stay. But in the end, he just introduces a hostel and earns a commission from the hostel. He confessed that his parents did not work and he had to afford his parents and sister. So he needed this business. Well, how could I trust him. I am no longer able to trust whatever he says.
So, I just say good bye to him and left.

 そして目当てのホテルに到着。ところが、夜遅くについたこともあって、空き部屋なし。近くのホテルを紹介されるもここも空き部屋なし。こうなるとあの無駄に待合せさせられた時間が恨めしくなります。もっと早くホテルに来ていれば。。。
I was easily able to find the hostel that I had checked as an option.However It was full, unfortunately.
The hostel introduced me another near the hostel. But it was also full. Now that I regret about rescheduling. I could have found a room, if I come earlier.

 この後街中のホテルを周るも、どこも満室と断られ続けました。実はウズベキスタンは、ホテルは外国人旅行者に対して滞在証明書を発行しなければならないので、その面倒臭さが嫌なのか、あるいは税金払いたくないのか、ともかくほとんどのホテルは外国人に対して、好意的じゃないんです。
I searched a room in the city. However, what I had received is always full. It could be related to Uzbekistan Hotel system, in which hotels must register foreign travelers and issue certificate every day. This process seems troublesome or could be tax evasion purpose, hotels are unwilling to issue the certificate. So, foreign travelers are un welcomed here.

 もう夜中の1時を余裕で越えていたでしょう、相当疲れて来ていたんですが、最期の希を託して空港に行って見る事にしました。空港なら近くに外国人が泊まれるようなホテルもあるだろう、って考えたんです。
It was already after 1 AM. I was extremely tired but decided to find a room airport, where many foreigners usually stay near it.

 しかしながら、空港近くのホテルも全滅。流石に落ち込む、というか疲労困憊です。ただ空港の近くに24時間営業の喫茶店がありました。もうホテルは満室と断られるだけ、それなら24時間営業の喫茶店で休む事にするか。。。。それが39歳最期の日でした。
Unfortunately, even near the airport, I was not able to find any room all full again. The only thing I can find was an coffee shop, which opened 24 hours. This is the place which does not say full and let me take a rest. So, I decided to spend one night at the coffee shop. This is the last day of my 39 years old.





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。